『みずほ銀行住宅ローンの選び方。フラット35とみずほの住宅ローン比較』

メガバンクの一つ、みずほ銀行。

特に都心に支店が多いので、首都圏にお住まいの方でメインバンクにしている人は多いのではないでしょうか?
今回は、みずほの住宅ローン「フラット35」を比較しながら、ご紹介します。

スポンサーリンク

フラット35にする?みずほの住宅ローンにする?

みずほ銀行で取り扱っている住宅ローンは、主に2つ。

  • 全期間重視プラン
  • 全期間固定プラン
  • フラット35

このうち、全期間重視プランと全期間固定プランをみずほの住宅ローンと呼んでいます。

みずほの住宅ローンの中でも、全期間重視プランは変動金利または固定金利を選ぶことができるのに対し、全期間固定プランは固定金利のみです。
全期間固定プランと、フラット35はどちらも固定金利です。

みずほの住宅ローンを選ぶメリット

団体信用生命保険料は、借りる金額や返済年数によって異なります。
みずほの住宅ローンでは、団体信用生命保険料を銀行側が負担してくれるため、支払う必要がありません。

団体信用生命保険料というのは、住宅ローンを借りた人に万が一のことが起こって支払えなくなった時に、残ったローン残金を支払ってくれるというシステムです。

フラット35の場合は、任意加入です。
任意とはいっても、万が一の時に残された家族にローン残高が残ってしまうリスクがありますから、たいていの場合は実費で団体信用生命保険に加入することになります。

フラット35を選ぶメリット

全期間固定金利で支払っていこうと考えているのならば、期間固定プランで契約するよりもフラット35で契約した方が金利がお得になります。

また、保証人が必要なく、保証料も無料です。

繰り上げ返済手数料も無料です。
みずほの住宅ローンの場合は、ネットバンキング経由での一部繰り上げ返済手数料のみ無料ですが、フラット35なら店頭での繰り上げ返済手数料も無料です。
ただし、繰り上げ返済の金額は100万円以上から(ネット経由なら10万円から)という点には注意が必要です。


みずほの住宅ローンの方がいいのか、フラット35の方がいいのかというのは、家族構成や借りる金額、返済プランによって異なります

みずほ銀行をメインバンクにしていて、今後もみずほ銀行で住宅ローンを返済していくという場合には、フラット35は安定しているのでオススメ。

けれども、お得な金利プランを探しながら、いくつか銀行を変更するかも。。。という人は、フラット35で固定せず、みずほの住宅ローンのプランで検討する方がいいでしょう。

関連記事/広告

スポンサーリンク

コメントを残す