子どもにまつわるお金の困ったを解決!三井住友銀行のどのローンがおすすめ?

自分の洋服やブランド品は我慢できても、子どものこととなると何とかしてあげたいというのが親心。

収入がぎりぎりで、子どもに習い事もさせてあげられない。。。となると、「あの時習わせてあげていれば」と後悔してしまうかもしれません。
また、学校のイベントや、用品の購入などで急にお金が必要になるケースもあります。

今回は、子どもにまつわるお金の困ったを解決するために、どんなローンを選んだらいいのかを紹介します。

スポンサーリンク

学校のイベントで、急にお金が必要!

学校のイベントや、用品購入などの集金は、たいていが1週間以内にお金を用意しなければいけません。
預貯金がない場合には困ってしまいますが、「お金がないので待ってください」というわけにもいかないので、なんとかしてすぐにお金を用意する必要があります。

急にお金が必要という場合は、三井住友銀行のカードローンがおすすめです。
カードローンは、金利の面では他のローンより高いのですが、融資までの時間が短いのがメリット。

金利が高めと言っても、10万円以下の融資金額で、1か月以内に返済してしまえば1000円かかるかどうかの金利。
すぐに返済できるのなら、1000円程度の金利で済むのでビクビクしないでも大丈夫ですね。

※金利の計算方法については、こちらの記事をご覧ください。

結婚式のお祝儀ラッシュでピンチ!専業主婦でもOKの楽天スーパーローン(カードローン)は心強い!

子どもに習い事をさせてあげたい!

子どもの習い事って、案外お金がかかります
しかも、習いだしたら辞めるまで、その先もずっと月謝を支払わなければいけません。
習い事によっては、月謝代以外にも、ユニフォームや雑費代、遠征費がかかるものも多いですね。

毎月の収入でギリギリだという場合は、子どもに習い事をさせることは金銭的にリスクが大きくなります。
とりあえず習わせて、給料日前にお金が足りないようならカードローンでお金を借りるというのは危険です。

習い事で毎月ギリギリになってカードローンを使うのなら、もっと金利の安いローンを利用しましょう。

カードローンと比べると、審査に時間がかかって、手続きもちょっと面倒ですが、銀行のローンだけあって低金利
カードローンよりも、フリーローンの方が、返済額が断然少ないのでおすすめです。

詳細は、こちらよりご確認ください。
三井住友銀行のフリーローン

三井住友銀行のカードローンとフリーローン

カードローンとフリーローンの大きな違いは金利です。

カードローンの方が審査が簡単で、すぐに借りられますが、金利は高め
フリーローンは、審査や手続きに時間がかかりますが、金利は低いです。

すぐに必要だったり、臨時の出費ならならカードローン、定期的に不足分を補う必要があるならフリーローンがいいでしょう。

関連記事/広告

スポンサーリンク

コメントを残す