『ジャパンネット銀行でATM手数料の節約はできる?』

大手銀行に比べて、ATMの入出金の手数料・振込手数料が安いといわれているジャパンネット銀行。

もっとお得にATMを利用する方法はないだろうかと思って調べてみました。
ATMでの入出金時に気を付けたいこともあわせてご紹介します。

スポンサーリンク

ジャパンネット銀行の提携先ATM

ネットバンキングの場合、コンビニでの入出金をする機会が多くなります。
ジャパンネットバンキングが提携しているコンビニATMは3種類です。

  • ローソン
  • ファミリーマート(E-net)
  • セブンイレブン

これに加えて、ゆうちょ銀行三井住友銀行のATMでも手続きが可能です。

提携先のATMでは月に1回だけ入出金が無料

ジャパンネット銀行は、月に1回提携先のATMでの入出金の手数料が無料です。

2回目以降も、3万円以上の入出金の場合は手数料無料。しかし、3万円以下の場合には162円(ゆうちょ銀行は324円)の手数料がかかります。

ここで注意していただきたいのは、入金にも手数料が発生するということ。
出金の時だけ手数料が発生する銀行が多い中、ジャパンネット銀行は入金でも手数料がかかってしまうので要注意!

我が家は、月単位だけではなく週単位で予算を組んで家計を管理しており、使いすぎないようにこまめに入金しています。
週単位での入金だと、たいていが3万円以下になるので、ちょっと使い勝手が悪いかな~という印象です。

そうは言っても、我が家のように頻繁に入出金しないなら、月の頭に必要な額をまとめて取引すればいいだけのこと。使い勝手の良しあしは人それぞれですね。

ATM手数料を節約する方法

ジャパンネット銀行でATM手数料を節約する方法はないかと調べてみたところ、ある条件を満たせば提携コンビニATMでの手数料が5回まで無料になることがわかりました。

が!その条件が厳しい
前日の預金平均残高が3000万円以上というものなのです。

3000万円預金残高がある人って、なかなかいないと思うのですが。。。
でも、このほかにはATM手数料を節約する方法は見当たりませんでしたので、

  • 月に1回を超える入出金は、3万円以上で行う
  • 3万円以下の取引の場合に、手数料が他の提携先ATMの2倍になってしまう、ゆうちょ銀行での入出金を控える

これら2つを心がけることがATM手数料の節約につながりそうです。

関連記事/広告

スポンサーリンク

コメントを残す