「家計簿が続かなくて貯まらない?積立定期預金で貯めグセをつけよう!」

年末年始になると、家計簿が付録になった主婦向け雑誌が増えますよね。

みなさんは、家計簿をつけていますか

実は先日、妹から「貯金が全然貯まらないんだよね~」と相談を受けました。

話を聞けば、小学校時代のお小遣い帳以来、お金の管理をしていないとの事…。

しかも、昔から財布にお金があるととことん使うタイプ。それは今も変わっていないようです。

実家暮らしで、社会人数年目の妹。

「そろそろお金が貯まったかな?」とふと通帳を見たら全く貯まっていなくて焦って相談してきたみたいです。

家計簿などでお金の管理がするのが苦手な人、結構多いのではないかな~と思い、今回は、貯めグセがつく「積立定期預金」についてご紹介しようと思います。

スポンサーリンク

積立定期預金ってどんなもの?

家計簿で管理しながら、余ったお金を貯金に回すというのは難しいもの。

積立定期預金なら、給与の振込口座から自動的に引き落としされるので自然とお金が貯まっていきます。

最初に申し込みさえしておけば、あとは勝手に貯まっていくので、忙しい人や面倒くさがりの人にもオススメです。

引き落とし日が選べる場合は、給料日の1~2日後に設定しておきましょう。

給料日当日に設定してしまうと、会社から振り込まれる時間とのタイムラグで、給料振込前に引き落とされる事も…!

お金を貯めたいなら、余った分を貯金に回すというのはNG!

最初に貯めたい額を貯金に回しましょう。そうすることで、確実に貯蓄額を増やせます。

積立定期預金で貯まったお金はどうする?

積立定期預金でそのまま貯めていってもいいのですが、ある程度まとまった金額が貯まったら利率のいい定期預金にまわすのがオススメ。

50万~100万円くらい貯まったら検討してみましょう。

大手銀行よりも、ネット専属銀行の方が利率は高めのことが多いです。

積立定期預金、どこがおすすめ?

三菱東京UFJ銀行の「自動つみたて定期預金」は、私も実際に使っていた時期がありますが、結構便利です。

積立期間中もATMによる出金が可能なので、冠婚葬祭や車の修理費用など、急な出費にも対応できますよ!(車って、突然壊れたりしますからね…)

ボーナスなど、いつもより多めに積み立てたいという場合は、年2回まで増額OK

ついついボーナスを使い切ってしまうという人は、ボーナスをもらった時点で何割か貯蓄してしまうというのも手ですね。

あとは、給与が振り込まれている口座の銀行に、積立定期預金があるなら、それを利用するのが一番便利!

給与振込されている銀行のHPをチェックしてみるといいですよ。

関連記事/広告

スポンサーリンク

コメントを残す